読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ピンハネ屋』と呼ばれて

株式会社リツアンSTC 代表取締役 野中久彰

瑞人が帰国した

鈴木瑞人が帰国した。

今朝、瑞人から日本に無地帰国したという連絡を受けた。彼は、一般社団法人Bizjapanのシリコンバレー派遣団のリーダー。Bizjapanは、首都圏の大学生を中心に、様々なイベントやプログラムを開催する学生団体で、今回は若いエンジニアをアメリカのシリコンバレーに派遣して、そこでひたすら自分の技術力をプレゼンするという企画。

 

www.facebook.com

 

そのプロジェクトが無事終了して、昨夜、元気に帰国したという。

 

そもそも、このプロジェクトは、これまで日本は、自動車を中心とした機械産業で大きな成功をおさめてきた。ただ、最近はスマートフォン分野でアメリカのAppleや韓国のSamsungに敗北し、IT分野ではGoogle、Facebook、Twitterなどの海外勢に大敗してしまっていて、このままでは日本の将来がヤバい、だから、日本の若い研究者やエンジニアに、できるだけ早い段階から国際感覚を身につけさせ技術的にも、精神的にも海外勢に負けないようなタフなエンジニアを育てなければならない。

そのためには、まず「ポテンシャルあるエンジニアを集めて、各分野での最先端の教育を施し、コンテストでそのスキルに磨きをかけ、その分野でトップを走っているところに連れて行き、世界レベルを見せる事で、各個人のその後の成長すべき方向性を気づかせる機会を提供する事が一番良いのではないか?」

こういった背景からうまれたのが今回のプロジェクトのようだ。

 

鈴木瑞人に最初に会ったのは今年6月末。それより前に、うちの東京チームの平野と鈴木祥から「面白い学生がいる。ホント直向きな男、彼のプロジェクトにリツアンも何かしら協力してあげたい」との前情報をもらっていて、当日、初めて瑞人に会ったときもイメージ通り。彼は、額に汗をかき今回のプロジェクトを成功させてたいという必死さがひしひしと伝わってくるような人物。東京大学大学院新領域創生科学研究科メディカルゲノム専攻とかいう、なんだかすごく難しそうなことをやっているのにも関わらず、ぼくのようなできの悪い大人にも、一生懸命に今回のプロジェクトが日本の将来のためにいかに重要かを汗をたらたら流しながら語る彼に好感を覚えた。

 

今回のプロジェクトは、彼からの「たくさんの収穫を得ました!今回のプロジェクトの成果は、後日まとめて報告しますね!」との揚々たるメッセージから判断するに・・・成功したようだ。ただ、残念なことに瑞人から報告書をもらっても、ぼくにはそれを解読できる能力はない"(-""-)"

 

それよりも今回の瑞人たちのチームが無事に帰国でき、この数日間の経験が将来、日本の技術力向上ために何かしら役に立てば、それだけでよいのかなと思っている(^_-)

 

ちなみに彼らの活動は下記で紹介されているのでご興味がる方は・・・ぜひご覧ください。 

www.facebook.com

また、今回のシリコンバレーに派遣の動画ができたようです。こちらもどうぞ!

www.youtube.com

www.youtube.com

今回のシリコンバレー派遣メンバー

f:id:rstc928:20150814160039j:plain

f:id:rstc928:20150814160052j:plain

f:id:rstc928:20150814160105j:plain

f:id:rstc928:20150814160123j:plain

f:id:rstc928:20150814160137j:plain

彼らのシリコンバレーでの様子

f:id:rstc928:20150814160214j:plain

f:id:rstc928:20150814160225j:plain

f:id:rstc928:20150814160237j:plain

f:id:rstc928:20150814160254j:plain

f:id:rstc928:20150814160302j:plain

f:id:rstc928:20150814160309j:plain

f:id:rstc928:20150814160316j:plain

f:id:rstc928:20150814160330j:plain

f:id:rstc928:20150814160337j:plain

f:id:rstc928:20150814160347j:plain

 

最後に瑞人。

6月末に社会人のキャリア教育で静岡県の掛川市立大須賀中学校で中学生の前で「人工知能」についてお話している姿。ほんらいは、この授業、リツアンが担当する予定でしたが、ぼくたちよりも瑞人の夢のある話のほうが中学生にとってはいいかと思い急きょ代打で瑞人にお願いしました(^_-)-☆

f:id:rstc928:20150817131933j:plain

 

①リツアンの給料規定を知りたい方はこちらの記事から

 派遣社員の給料明細をお見せします。 - 『ピンハネ屋』と呼ばれて

こんな動画をつくりました。10年間で1500万円の所得格差! - 『ピンハネ屋』と呼ばれ

②リツアンが目指している理想の派遣会社を知りたい方はこちの記事から

僕が派遣会社を設立した理由 - 『ピンハネ屋』と呼ばれて

リツアンが目指す理想的なエンジニア派遣会社とは? - 『ピンハネ屋』と呼ばれて

リツアンはなぜ?内勤社員が少ないの? - 『ピンハネ屋』と呼ばれて

セルフ式ガソリンスタンドのような派遣会社 - 『ピンハネ屋』と呼ばれて

 

③派遣社員として働いている方には覚えておいて欲しい記事はこちらから

ぜひ覚えておいてほしい傷病手当金という保障制度 - 『ピンハネ屋』と呼ばれて

エンジニアの派遣社員は断然、時給のほうが得! - 『ピンハネ屋』と呼ばれて

 

【特設】なぜか?マニ―パッキャオ!

マニー・パッキャオとランチ&ディナー - 『ピンハネ屋』と呼ばれて

 

 ④動画でリツアンを知りたい方はこちらから

下記はリツアンのPR動画です。お時間がある方はぜひご覧ください!

        www.youtube.com

 

⑤漫画でリツアンを知りたい方はこちらから

        f:id:rstc928:20150821154409p:plain

  

【お願い事】リツアンはエンジニアを募集しております。リツアンは他人行儀の事務的な会社ではございません。ぼく自身、こんな感じなので→「「愛されるダメ人間」と、「単にダメな人」の5つの違い : まだ東京で消耗してるの?」m(__)m 

なので現職にお悩みの方、将来に不安がある方、ぜひお気軽にお問合せ下さい。面接という堅苦しいもんのではなく、一緒にワイワイお酒を飲んで語り合うのでもOK。もちろんウーロン茶でもOK。

とにかくリツアンは多くの方々と知り合い、人それぞれに会った働き方を立案していきたいと思っております。ご興味がある方、時間がある方は、もしよろしければ一度、弊社のホームページを訪れてみて下さい。皆さまからのご連絡をお待ち申し上げております。

 

f:id:rstc928:20150908145925j:plain