読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ピンハネ屋』と呼ばれて

株式会社リツアンSTC 代表取締役 野中久彰

2017年の抱負

あけましておめでとうございます。

 

昨年2016年は多くの皆さまのお力を借りリツアンにとってはかつてないほどのいい一年でした。昨年、そして、これまでを振り返っても、リツアンは人に恵まれ本当に多くの人のサポートがあって成り立っているのだとつくづく実感します。

 

とくに年末年始は、リツアンに関係する方々と顔を合わせる機会が多いから普段よりも余計にそんな気持ちが強まる季節です。初心に帰るといいますか、自分たちの立ち位置を再確認できる季節です。

 

2017年、スタートしました。

今年は、もう少し踏み込んでいきます。

もしかすると誤解を招いてしまうかもしれませんが、

それを恐れず踏み込んでいきたいと思います。

 

リツアンは派遣会社です。

派遣会社の僕たちがやるべきことはエンジニアに「場」を提供することです。

 

決して上司と部下といったピラミット式の会社組織をつくることではありません。

僕たちは、決してエンジニアを会社組織の一部に組み入れてはいけません。

なぜならリツアンはモノづくりをしている会社ではなく

労働者に職業を紹介しているだけの派遣会社だからです。

 

会社を「所属」するものから「利用」するものへ

エンジニアの考えを変えてあげる機会になる、

それが派遣会社としてのリツアンの役割だと思います。

 

帰属意識や愛社精神、そんなものはいりません。

そんなものは、はなから求めていません。

もちろん自発的にエンジニアがそんな気持ちになってくれるのであれば

それはそれで、とてつもなく嬉しいことですが(笑)

 

それよりもエンジニアにとって都合のいい会社であり続けること。

リツアンの社員だという意識よりも、

自分にとってリツアンは都合のいい会社だから

いまはたまたま在籍しているだけ、そんな感覚がいい。

 

そして、僕たち内勤社員は、エンジニアにとって都合のいい会社であり続けるためにサービスを磨き続ける。

自分にとって都合がいいから、エンジニアは自分のために一生懸命になる。

それが結果としてクライアントからの高評価をうむ。

エンジニアとはそんな関係を築きたい。それが僕の理想です。

 

そんなことを考えて過ごした年末年始。

それで出た答えが「踏み台企業」。

 

「踏み台」。

 

2017年のリツアンコンセプトはこれでいきます。

 

エンジニアの1人1人が僕たちリツアンを踏み台にする。

 

転職のための踏み台。

独立資金を集めるための踏み台。

年収UPのための踏み台。

 

エンジニアには常に次を見据えていてほしい。

夢や希望などというと、なんだかポエム的で好きじゃないけれど

それでも一回きりの人生、エンジニアには面白く生きてほしい。

だから遠慮せず大いにリツアンを利用して(笑)

社会人になる前に思い描いていた理想像に

もう一度、近づけるお手伝いができるのならば

リツアンを設立した意義があるように思えます。

 

追記:最近、ブログの更新がさっぱりだと・・・年末に多くのエンジニアの方からお叱りをうけましたので今年は頑張ります。

 

 

よく読まれている記事 

ぜひ覚えていてほしい記事 

弊社のメディア掲載事例

弊社のPR動画はこちら