読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ピンハネ屋』と呼ばれて

株式会社リツアンSTC 代表取締役 野中久彰

鈴木和美さんがクライアントの正社員になります

来年の1月から鈴木和美さんがクライアントの正社員に決まった。

通信系のメーカーへの直接雇用。

f:id:rstc928:20151203182610j:plain

 

昨日、本人から電話をもらい「お祝い会をやってほしいと」・・・笑

彼の人生は異色で18歳から2年間をポルトガルでプロのサッカー選手として活躍していた。サッカー選手からエンジニア。体育会系と理系。少しピンとこないが派遣という働き方だからなせるシフトチェンジだと思う 笑

和美さんお祝い会ちゃんと企画しますから楽しみにしていてください。

 

ぼくは、派遣業をやっていてこういうニュースが一番うれしい。

エンジニアの人生に少しでもお役に立てたことがうれしい。

 

派遣社員はメーカーの社員と比べて雇用が不安定。リツアンのエンジニアは正社員雇用だからそんなことはないと言いたいところだが不安定な部分はある。正直いってある。そこを嘘ついてまでリツアンの利益を優先することはしない。うちの理念にも反するから。

 

だから、エンジニアがクライアントから正社員の話をもらったら正社員になるよう背中を強く押している。エンジニアとお酒を飲んでいると「夜寝る前に漠然とした不安感に襲われる時がある」と相談を受けることがたまにある。生活の基盤である雇用が正社員と比べて不安定だから余計にそうなのかもしれない。

 

メーカーの正社員にこだわりすぎることは危険性もあるから、ぼくはおすすめしないが、派遣という働き方を上手に活用して将来長く務める会社を品定めしてほしい。派遣社員として実際に企業で働いてみて自分との相性をチェックして正社員へと巣立っていってほしい。その間の給料は、リツアンがどこよりも高い金額を保証するから。

 

給料も安い、クライアントへの正社員登用も禁止というエンジニア派遣の会社は実に多い。そのくせ派遣先がなくなったらあっさりと首を切る。これでは損するのは常に派遣社員になってしまう。

 

これから年末になると先ほどのように漠然とした将来の不安を覚える方も多いのかもしれない。もしブログをみてくれている方の中でそんな方がいたらお気軽にご連絡をして下さい。

 

派遣会社を変えるだけで本当に人生が変わりますから。一番の特徴はエンジニアのみんなが明るくなる 笑。洋服を買ったり、時計を買ったり、バイクを買ったり、そうすると面白いことにみんな明るくなる。生活の余裕と優しさとか性格の明るさは比例するんだとつくづく思う。

 

この頃、大阪とかの近畿地方のエンジニアの方らかの問い合わせも増えてきました。リツアンは東京、横浜、静岡、名古屋にしか事務所はないけれど大丈夫。お問い合わせを頂ければ、どこでも出張しますし、通勤圏の個別のクライアントも探します。なのでお気軽にご連絡をくださいね。

 

①リツアンの給料規定を知りたい方はこちらの記事から

 派遣社員の給料明細をお見せします。 - 『ピンハネ屋』と呼ばれて

こんな動画をつくりました。10年間で1500万円の所得格差! - 『ピンハネ屋』と呼ばれ

②リツアンが目指している理想の派遣会社を知りたい方はこちの記事から

僕が派遣会社を設立した理由 - 『ピンハネ屋』と呼ばれて

リツアンが目指す理想的なエンジニア派遣会社とは? - 『ピンハネ屋』と呼ばれて

リツアンはなぜ?内勤社員が少ないの? - 『ピンハネ屋』と呼ばれて

セルフ式ガソリンスタンドのような派遣会社 - 『ピンハネ屋』と呼ばれて

 

③派遣社員として働いている方には覚えておいて欲しい記事はこちらから

ぜひ覚えておいてほしい傷病手当金という保障制度 - 『ピンハネ屋』と呼ばれて

エンジニアの派遣社員は断然、時給のほうが得! - 『ピンハネ屋』と呼ばれて

 

【特設】なぜか?マニ―パッキャオ!

マニー・パッキャオとランチ&ディナー - 『ピンハネ屋』と呼ばれて

 

 ④動画でリツアンを知りたい方はこちらから

下記はリツアンのPR動画です。お時間がある方はぜひご覧ください!

        www.youtube.com

 

⑤漫画でリツアンを知りたい方はこちらから

        f:id:rstc928:20150821154409p:plain